学資保険 未分類

【学資保険】で用意する教育資金っていくらだろう?

投稿日:

kangheungbo / Pixabay

我が子の教育資金っていったいいくらくらい必要なのでしょうか。わからないと準備もできないってことで調べてみました。

 

幼稚園入園から高等学校卒業まで掛かる費用はどれくらい?

文部科学省の調査による幼稚園入学3歳から高等学校卒業15歳までに掛かる学習費総額の平均はそれぞれ以下の通りです。
(学習費内訳:授業料・塾・習い事・給食費・制服ランドセル・教材費・文房具等)

  1. 全て公立に通った場合:523万円
  2. 幼稚園のみ私立の場合:609万円
  3. 高等学校のみ私立の場合:698万円
  4. 幼稚園及び高等学校は私立に通った場合:784万円
  5. 小学校のみ公立に通った場合:1,041万円
  6. 全て私立に通った場合:1,770万円

1.全て公立に通った場合と、6.全て私立に通った場合は3.3倍も開きが出ました。

え〜、この結果を見て我が家はすべて公立に行かせることに決めました、、、

 

大学で掛かる費用はどれくらい?

続いて学資保険のメインとなる大学の費用の入学先別平均は以下の通りです。

私立短大:362.2万円
国公立大学:457.5万円
私立大学文系:675.5万円
私立大学理系:818万円

あくまで平均値です。医学部に行きたいとか予期せぬ展開になると
さらに教育資金が必要となりますっ!

 

ちょっとブレイク♪みんな大学進学するの?

高等学校卒業者の進路状況はどうなっているのでしょう。文部科学省の平成28年度学校基本調査(速報値)によると大学・短大進学率は55%だそうです。

  • 大学進学:49.5%
  • 短期大学進学:5.5%
  • 専門学校進学:17.7%
  • 就職:17.7%
  • その他9.6%

半数しか大学進学しないんですね。もっと多いと思っていました。大学まで行かせる計算してますけど、わからないですよね〜。
いきなり海外の大学に行きたいとか、進学しないで働く!とか言い出したりね。
そうなったら大きく予定、変更ですよね。。。

 

まとめ

我が家の予想(希望パターン♪)組み合わせると、

全て公立+私立文系=1,198.5万円
メインとなる大学の費用が457.5万円ですので
半分の200万〜300万円くらいを学資保険で用意しようと思います。

残りは節約と貯蓄と運用の勉強をしつつ教育資金を確保します。

 

参考資料:文部科学省・平成28年度学校基本調査(速報値)の公表についてより
:日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果」(平成 27 年度)

 

-学資保険, 未分類

Copyright© BLUELABO , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.