未分類

感情を言語化すること

投稿日:

GDJ / Pixabay

感情表現の語彙の少なさに最近よく気づきまして・・・

「美味いっすね!」とか、

「ちょーすげー!」とか、

ひどい時には何も言葉が出てこないなんてこともあります。。。

 

頭の中では言語化して考えているつもりでも

言葉にして伝えられなければ意味がない。

何も考えていないということになってしまう。

 

それはもったいない。

思考や感情を言語化してアウトプットまで持っていくことで

「自分らしさ」が作られていくと思う。

 

これからの時代は

自分が好きなものを好きだと言えること。

思っていることをさらけ出せること。

 

つまり感情を言語化できるスキルが非常に重要になってくる。

最近の言語化の練習方法は

・紙に書く

 紙に書くことで考えがまとまるんですね。

 はじめはとにかく感情や思考を書きなぐる。

 最終的に何が言いたかったのかまとめる。

 

・「ちょーすげー!」と言った後になにがすごいと思ったのか言う。

 会話の最中に口癖のように「ちょーすげー!」と言ってしまうので

 その後すぐに即興ですごいと思った理由を後付けして相手に伝える

 それが本当かどうかはどっちでもよくて

 言語化して相手に言う練習としてやってます。

 

・いちいちコメントする

 会議とか雑談でもいいんですけど

 お題に対していちいちコメントするのも良い練習になります。

 考える前にフライングしてしゃべり出すくらいがちょうど良いです。

 しゃべってるうちに考えがまとまってきたら良しです。

 

いつでもどこでも言語化の練習はできます。

自分の感情や思考を言語化できて相手にしっかり伝えることが出来ると

毎日が楽しいです。

 

これからも言語化の練習は続きます。

 

5月16日 旅の日

-未分類

Copyright© BLUELABO , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.