子育て

【お悩み解決?!】男の子の子育てで大切にする3つのこと

投稿日:

子育て 男の子

Free-Photos / Pixabay

 

男の子の子育てって本当に大変ですよね。
言うことは聞かない、お友だちのおもちゃを強引に奪う、道路に飛び出す、家の中を破壊する・・・
子どものエネルギーにつきあうだけの体力が無くなると、こっちもイライラが爆発することもありますよね。
みんな同じ悩みを抱えてるみたいです。
 
どうやって接してあげたらいいのか?
どうやって叱ったらいいのか?
 
今回の記事では男の子の子育てで大切にしたい3つのことを伝えたいと思います。
 
我が家でも実践している方法です。
男の子の子育ての参考にしてみてください。
 

 

やりたいことはやらせてあげる

男の子 やる気

cherylt23 / Pixabay

 

やりたいことは気の済むまでやらせてあげてください。
 
なぜなら途中で注意してやめさせても、余計に反発してしまいます。
たとえばこんなこと。
 
・牛乳をコップに自分で注ぎたい(あふれだしてこぼす)
 
・植物に霧吹きで水をふきかけたい(違うところにも吹きかけ始めてびちょびちょになる)
 
・そうじ機をかけたい(重たくてあやつれなくてドンッと投げる!)
 
・洗濯物をたたみたい(けどぐちゃぐちゃになる(笑))
 
・シャワーを出しっぱなしにして遊びたい(水道代もったいない!)
  
親がやっていることや、自分で考えたことを子どもはやりたいんですよね。
そんな好奇心たっぷりの気持ちにストップをかけずに、やらせてあげましょう。
やらせてあげてほっておいてもそんなに長くやりません(笑)
  
好きなだけやらせるには親の余裕が必要です。
ここは子どもの好奇心と集中力を伸ばしてあげる気持ちで接しましょう。
※マジで急いでるときは無理!!!
 
 

感情的に叱らない

子供 男の子 叱る

thedanw / Pixabay

 

感情的にならず、冷静に理由を伝えて叱りましょう。
 
なぜなら感情的に叱られると恐くておびえてしまいます。
なんで叱られたのかもわからずに、ただ叱られるからやらない子になってしまう可能性があります。
たとえば、遊んだおもちゃを片付けない場合はこんな風に言ってみたら良いと思います。
 
「遊んだら自分で片付けるって約束したよね、約束は守りなさい」
 
「ちゃんと片付けないとおもちゃが無くなっちゃうよ、いいの?」
  
そんな余裕なんてなくて、つい乱暴な言葉をつかってしますのもわかります(笑)
できるだけ感情的には叱らずに、子どものことを尊重しつつ冷静に叱ってみて下さい。
きっと、子どもに伝わるはずです。
  
 

子どもの気持ちを言葉にしてあげる

子育て 男の子

Free-Photos / Pixabay

 

うまく言葉にできない気持ちを引き出してあげてください。
 
なぜなら子どもは言葉でうまく伝えられないから、
イライラしてパンチしたり大きな声を出したりして表現しようとします。
たとえば、自分で服が脱げなくて泣きついてきたときは「手伝ってほしいの?」とか「一緒にやって欲しいの?」と気持ちを言葉にしてあげる。
 
そして「手伝って」「一緒にやって」と言うと相手に伝わるよ、と教えてあげましょう。
 
 

おわりに

 
1.やりたいことはやらせてあげる
 
2.叱るときは感情的にならないように。
 
3.子どもの気持ちを言葉にしてあげる
 
 
とにかく子どもは元気が一番です。
元気すぎて手を焼いてしまいますが、おおらかな気持ちで受け入れてあげることが大切かなと思います。
毎日ヘトヘトになりますが、子どもと一緒に親も成長していきましょう!

-子育て

Copyright© BLUELABO , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.