未分類

ツイッターのアカウントを誰にも知られたくない時の設定方法

更新日:

joshborup / Pixabay

 
ツイッターのアカウントを持っていることを知られたくない人もいますよね?
 
 
余計な人間関係から解き放たれたいのに勝手につながってしまっては
 
 
せっかくの自分の心地よい居場所がなくなってしまいます。
 
 
できる限り周りの知り合いにツイッターやってることが
 
 
バレないようにする設定がありますのでご紹介します♪
 
 
 
 
 
 
「AさんはTwitterを利用しています」
 
このような通知が来てバレるんですね。。。
 
 
Bさんの電話帳に登録しているAさん電話番号メールアドレス
 
Aさんのツイッターアカウントに紐づいているときに
 
このような通知がBさんに届いてバレます。
 
 
 
逆にAさんの電話帳にBさん電話番号かメールアドレスが登録されていて
 
Bさんのツイッターアカウントに同じ電話番号やメールアドレスが紐付いていれば
 
Aさんに「BさんはTwitterを利用しています」とバレます!
 
 
 

相手への通知を許可しない方法

 
電話番号メールアドレスがポイントです。
 
両方とも相手への通知を許可する設定をオフにしましょう。
 
 
 
「設定とプライバシー」をクリック
 
 
 
 
「プライバシーとセキュリティ」をクリック
 
 
 
 
「見つけやすさと連絡先」をクリック
 
 
 
 
見つけやすさ”の「メールアドレスの照合と通知を許可する」「電話番号の照合と通知を許可
する」をオフにする
 
 
 
これでひとまず安心だ。
 
 
 
ついでに連絡先の同期もオフにしましょう。
 
 
1つ前で設定をオフにした同じ画面上にある、
 
連絡先”の「アドレス帳の連絡先を同期」をオフにする
 
 
 
「アドレス帳の連絡先を同期」すると、
 
自分の連絡先に含まれている情報を元にオススメユーザーに表示されてしまいます。
 
また、誰かが自分の連絡先を同期したときに
 
相手のオススメユーザーに自分のアカウントが表示されるそうです。
 
電話帳に登録している電話番号かメールアドレスが
 
ツイッターアカウントに紐づいているときにばれます。
 
こわっ!
 
オフにしておきましょう。
 
 
 
 
そして念のため、
 
「すべての連絡先を削除」しておきましょう。クリック!
 
 
 
 

そもそもの解決策あります

そもそもメールアドレスも電話番号も登録しないこと。
 
以上。
 
デメリットとしては、
 
アカウントロックしやすくなるなどある様ですがどっちをとるかですね。
 
ロックされてもサポートに連絡すれば解除できます。
 
メールアドレスを登録するなら、
 
ツイッター専用のフリーアドレスを作って登録するなど対応しましょう。
 
 
 

新規でアカウントを作成するときの注意点

 
メールアドレスの照合と通知を許可する
電話番号の照合と通知を許可する
 
設定を進めていく画面でこのような文言が出てきたら
 
チェックを外して進んでいけば大丈夫です。
 
 
 

おわりに

 

とりあえずここに書いた通りの設定をしておけば大丈夫です♪

 

知り合いにツイッターやってるのを知られずに

 

快適な自由気ままなツイッターライフを過ごす参考になれば幸いです♪

 

 

ツイッターは使い方によっては本当にいろんなことができます!

参考になる本を少し紹介しておきますね♪

-未分類

Copyright© BLUELABO , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.